2019年3月8日

ジュニパーネットワークス、ミストシステムズ買収の意向を発表

ポートフォリオを統合し、エンドツーエンドで卓越したエクスペリエンスを提供

ジュニパーネットワークス(本社:カリフォルニア州サニーベール、NYSE: JNPR)は本日、人工知能(AI)を搭載したクラウド管理型無線ネットワークのパイオニア企業、ミストシステムズを買収することで最終合意に達したことを発表しました。これにより、ジュニパーネットワークスは業界最高水準の有線LAN、SD-WAN、セキュリティソリューションと、ミストシステムズのWLANプラットフォームを組み合わせて、エンタープライズネットワークポートフォリオを拡張し、エンドツーエンドにおける優れたユーザーエクスペリエンスとITエクスペリエンスを提供します。

今回の合意内容にて、ジュニパーネットワークスは現金と未行使株式報酬の見込み額を含む総額4億500万ドル(調整の可能性あり)でミストシステムズを買収することが定められています。この買収は当局の認可取得と通常の締結条件が満たされることを前提として、ジュニパーネットワークスの会計年度第2四半期での完了を予定しています。その結果、2019会計年度における非GAAPの1株あたり利益はやや希薄化し、2020会計年度における非GAAPの1株あたり利益はやや押し上げられる見込みです。

ミストシステムズは、世界で初めてAIを搭載したワイヤレスプラットフォームを構築し、Wi-Fiネットワークの予測性、信頼性、定量性を向上させた企業です。同社はまた、ネットワーキング業界で唯一となるAI駆動型バーチャルアシスタント「Marvis」を開発し、ワイヤレスのトラブルシューティングの簡素化や、クライアントとネットワークの挙動分析を可能にしてきました。また、ミストシステムズは特許技術である「バーチャルBluetooth® LE」テクノロジーをWi-FiやIoTと組み合わせ、屋内での道順案内、近接通知、トラフィック分析、アセットトラッキングなど、拡張性とコスト効率に優れたロケーションベースのワイヤレスサービスを提供しています。サービスの拡張性と迅速性、パフォーマンスを最大限に引き出すため、その運用はすべてミストシステムズの最新クラウドマイクロサービスアーキテクチャで管理されています。ミストシステムズは、Fortune 10社のうち2社、大手小売企業40社のうち7社、米国最大のヘルスケアシステムの旗艦施設、最大手のモバイル通信事業者、世界最大級の航空会社等の幅広い業界で顧客を獲得し、短期間でワイヤレスネットワークのスタンダードに位置付けられています。

今回の買収を通じ、ジュニパーネットワークスはワイヤレスネットワーキング市場で急速に成長しているクラウドマネージド分野におけるビジネスの拡大を図ります。さらに、アクセスからWANまで、エンタープライズネットワーク全体にクラウドベースの管理とAIを活用したITの可視化(「AI for IT」)を拡大することにより、ネットワーク運用の簡素化、ユーザエクスペリエンスの改善、TCOの削減を実現する高度なSoftware-Definedソリューションを提供します。

参考資料(英語): 
本件に関するブログ:Juniper Networks Announces Intent to Acquire Mist Systems to Bring AI to IT, Delivering on Promise of Software-Defined Enterprise
本リリースはジュニパーネットワークス本社が2019年3月4日(現地時間)付けで発表したニュースリリースの抄訳版です。

ジュニパーネットワークスについて
ジュニパーネットワークスは、私たちのつながり方、働き方、生活に変革をもたらすクラウド時代において、製品、ソリューション、サービスにより、複雑なネットワークの簡素化を実現します。弊社は、顧客とパートナー企業に向けて、世界をつなぐ、自動化、拡張性を備えたセキュアなネットワークを提供するため、ネットワークをそれまでの制約から解放します。ジュニパーネットワークスに関する詳細な情報は、以下をご覧ください。
www.juniper.net/jp/、Twitter、Facebook、YouTube、J-Net(最新情報提供サイト)

Juniper Networks、Juniper Networksロゴ、Junosは、米国およびその他の国における Juniper Networks, Inc.の登録商標です。その他、記載の各名称は、各所有者に所有権があります。